相続とは 相続登記 遺言とは? 遺言執行者 相続放棄

不動産の所有者がお亡くなりになった場合、相続人の方への名義変更が必要となります。 そのままにしておくと、何代かに渡って相続が発生し複雑になり、必要となる書類も膨大になります。相続人の間で話し合いがつかない、遺言書が見つかった、遺言書を書きたい等… お早めにご相談ください。

――→ 相続登記とは?

相続登記とは、相続財産である土地や建物の名義を被相続人(亡くなった方)から相続人に変更する
手続きのことを言います。

――→ 相続登記の期限・必要性

相続登記には明確な期限が定まっていないために、後回しでよいとお考えの方もたくさんいらっしゃると
思いますが、後々困るケースが多々あります。

誤解により怠っていると、相続権のある人が増える、また意思能力が低下した相続人が現われたりして、遺産分割協議が非常に困難になりかねません。

相続開始直後は、相続人同士で話がまとまっていても、相続人が亡くなりその子どもの代になると、そんな話は知らない、聞いていないと話が進まなくなることが多々あります。また、相続人が高齢になって、意思能力に問題が生じてしまうと話し合い事態が難しくなるケースがあります。

・不動産を担保に銀行融資を受けられない。
相続人同士の間で自分が相続すると決めていても、故人名義のままでは、売却したり、リフォーム等のために担保に入れてお金を借りることはできません。必要になった時に相続登記をしようとしても、時間の経過で相続関係がややこしくになってしまっており、手続きがスムーズに進まないことがあります。また、将来、不動産を買いたい、借りたいという人が現れても、登記が故人名義のままでは連絡のしようがありません。

子や孫の世代に負担をかけないためにも、相続が発生したら早めに相続登記をすることをお勧めいたします。

――→ 相続登記の必要書類

一般的な遺産分割協議による相続登記をご依頼いただいた際の必要書類は次のとおりです。


1 被相続人(お亡くなりになった方)に関する書類
 ・出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本すべて
 (相続人が兄弟姉妹の場合は、これに加えてお亡くなりになった方の
 両親の出生から死亡までの戸籍謄本も必要)
 ・住民票の除票(本籍地の記載のあるもの)又は戸籍の附票


2 相続人に関する書類
 ・相続人全員の戸籍謄本
 ・不動産を相続する方の住民票(本籍地の記載のあるもの)
 ・相続人全員の印鑑証明書

 ※上の書類は、ご依頼があれば、印鑑証明書以外は、当法人にて取得可能です。


3 お手元にあれば、お持ち頂きたいもの
 ・相続不動産の権利証
 ・相続不動産の固定資産評価証明書または納税通知書(最新年度のもの)


4 その他の必要書類(ご依頼により当法人にて作成します)
 ・遺産分割協議書
 ・委任状